大玉中学校日記

出来事

guest(客)からmember(一員)、やがてregular(戦力)へ

  4月8日、体育館を会場に生徒会主催の対面式が開催されました。
 最初に生徒会長から「皆さんを大玉中の仲間として迎えられたことを嬉しく思います。」と歓迎の言葉が述べられました。次にALTのデイビット先生にお手伝いいただいて、私から「中学生になり、本格的な勉強がスタートする英語を使ったお話しをします。1年生の皆さんは、昨日まではguest(お客さん)でしたが、この対面式を終えると大玉中の正式なmember(一員)となります。ですから「あいさつ日本一」を目指す学校の生徒として、先輩たちを見習い元気で心のこもったあいさつができなければなりません。そして、やがては先輩に追いつき追い越せという気持ちで生徒会活動や部活動でregular(戦力)として活躍してくれることを期待しています。この後、先輩たちから生徒会活動や部活動に関する説明やデモンストレーションがあります。良く話を聴いて活動する委員会の仕事を知り、入部したい部活動を決める際の参考にしてください。」という話をしました。                    
  式では、最初に生徒会庶務の生徒から、生徒会が取り組んでいる「あいさつ運動」や「アルミ缶回収」の説明が、生徒会監査委員の生徒から、専門委員会の活動についての説明がありました。
 続いては、新入生が楽しみにしていた部活動紹介の時間です。ユニフォーム姿でさっそうと登場した運動部の部員たちは、部長を中心に一人でも多くの部員を獲得しようと、ユーモアを交えたパフォーマンスや禁断?のジョークを披露しました。美術部はレベルの高い共同制作の作品を、吹奏楽部は呼吸のあった演奏を披露し運動部に対抗しました。
  最後に、1年生の生徒代表が「大玉中生徒会のメンバーとしてこれからの中学校生活がますます楽しみになりました。」と入会の言葉を発表しました。先生方からのお話の連続でやや疲れ気味だった1年生にとっては、リラックスできる楽しい一時となりました。

「大人になる学校」へ入学した君たちへ ~入学式校長式辞~

 4月6日,押山村長様をはじめ,多くのご来賓の方々に見守られながら本年度の入学式が挙行され,真新しい制服に身を包んだ82名が晴れて大玉中の一員となりました。
  私からは以下の二つの話をしました。(抜粋)
一つは、社会人として生活していくためのマナーやルールをしっかり身につけてほしいということです。
 小学校と中学校はどこが違うのでしょうか。
 中学校というところは、これは大人になる学校なのです。小学校は子どもの学校、中学校は、今は子どもですけれど、大人になる学校なのです。何か違いがあるのでなかったら、小学校を卒業して、中学校に入学し直さなくても、小学校に九年間いればよいわけです。中学校は大人になる学校、従って大人になっておかしなことは、全部やめてもらうところです。三年間のうちに一人前の大人としておかしくないことを身につけるのです。たとえば、自分でできる事は、できるだけ他の人の手助けを受けないでできるようにすることです。生徒会活動や部活動など、生徒による自主的な活動が行われています。早く上級生のやり方になれてほしいと思います。また、社会では通用しないマナーやルール違反は学校でも通用しないということを学んでいくことも大切なことです。
  二つ目は、中学校は義務教育の最終段階であり、中学校を卒業すると自分で進路を選ぶことになります。多くの人は高校進学を目指すことになりますが、そのためには確かな学力を身につけなければなりません。
 確かな学力は、知識をただ暗記するだけで付くものではありません。基礎・基本を確実に習得することに始まり、課題意識をしっかり持って学習に取り組み、自分の力で解決しようとする意欲を持ち、みんなで切磋琢磨したり協力したりする学習を通して身につけていくものです。
  これらの学力は、高校進学のための学力だけでなく、これからの時代を生きるために必要な「生きる力」なのです。
 本校の先生方は、皆さんに「確かな学力」を身につけるためいろいろな工夫を凝らして授業を行うよう計画しています。先生方の指導をよく聞いて、学習に励んでください。もし、わからないことがあったら、不安を抱えていないで、先生や友達に勉強の仕方を聞くようにしてください。 

「安達太良山に抱かれた心ふれあう豊かな村」「日本で最も美しい村」大玉村の中学生として誇りを持ち,悔いのない中学校生活を送れるよう,教職員一同全力で取り組んで参りますので,皆様方からのご支援とご協力をお願いいたします。
 

同窓会入会式


 3月5日(木)の卒業式予行後に、第3学年を対象に同窓会入会式が行われました。大玉中学校をまもなく卒業する3年生には、大玉中学校の卒業生としての誇りを持って、これからの人生を歩んでいってほしいと思います。

ボクササイズ講座


 3月4日(水)の3・4校時目に、第1学年、第2学年を対象に、ボクササイズ講座が行われました。講師として、高野人母美さん(女子プロボクサー モデル)に来ていただきました。 
 東日本大震災以降、福島県の子どもたちの体力が低下していることから、日常の生活の中でも取り入れられるような簡単なエクササイズを教えていただきました。
 講座の中でで、高野さんは、夢を持つことの大切について、夢を叶えるための方法について、高野さん自身の経験を踏まえながら、ご指導いただきました。生徒たちは、真剣な表情で、耳をk傾けて聞いていました。
 生徒たちは、緊張気味でしたが、体を動かしているうちに緊張が解け、楽しそうに活動していました。この講座で学んだことを、実際の生活の中で実践してほしいと思います。

スキー教室



 1月29日(木)は、あだたら高原スキー場でスキー教室が行われました。第1学年と第2学年がスキー教室に参加しました。
 風が強く、アイスバーンで、ややコンディションはよくありませんでしたが、生徒たちはインストラクターの方たちに指導していただきながら、真剣に活動していました。また怪我などの事故がなく、安全にウインタースポーツを楽しめました。スキー教室を通じて、生徒たちは友情を深め合いました。
  

美浦中学校との交流会


 1月28日(水)に、茨城県稲敷郡美浦村立美浦中学校の第1学年の生徒が来校し、本校の第1学年の生徒と交流会を行いました。
 お互いに元気な声で、歌のプレゼントをしました。その後、○×クイズや綱引きを行い、交流を深め合いました。○×クイズでは、美浦中学校の生徒と本校の生徒が相談し合う姿が見られ、綱引きでは、お互いに本気で勝負し合いました。他校との交流という貴重な体験の中で、生徒たちはたくさんのことを学びました。
  

「食に関する指導」が行われました


 1月26日(月)の5校時目に、第1学年を対象に「食に関する指導」が行われました。講師として、武藤真紀先生(本宮方部学校給食センター 栄養教諭)をお招きし、「朝食の大切さや食事のとり方」について、講話をしていただきました。 
 朝食をとった時ととらなかった時では、どのように違うのか、成長期の正しい食事のとり方については、具体的な料理を示しながら、とても丁寧に分かりやすいお話をいただき、生徒たちは真剣な表情で興味深く聞いていました。

第3学期始業式での校長先生のお話


 第3学期始業式で、校長先生が次のようなお話をされました。

 

 <目標をしっかりもつ>

  キッシンジャー(アメリカ元国務長官、ノーベル平和賞受賞)の言葉に「ど
     こへ行こうとしているのか分かっていなければ、どの道を通ってもどこにも行
  けない」とあるように、年の初めに目標をしっかりと立て、ぜひ目標に向かっ
  て突き進んでほしい。

 <今年は“ひつじ年”>

   “ひつじ”という漢字は2つある。1つは“羊”。もう1つは、“未”。“未”という文字
  には、木が伸びきっていない成長の途中という意味がある。つまり未熟という
  意味がこめられている。一方で、可能性という意味も込められている。自分の
  可能性に挑戦し、学習面・運動面で花を咲かせてほしい。
 <自然の驚異に対する日常的な危機意識>

  地震、噴火などと日本は災害の多い国であるので、それらの自然災害に対す  
  る危機意識をもち、自らの命を守るという視点から、日々気象情報に傾聴して
  ほしい。

1月8日(木)、第3学期スタート

 新年、あけましておめでとうございます。
 大玉中学校は、1月8日(木)より、第3学期がスタートしました。新学期初日の朝は、かなり冷え込んでいましたが、生徒たちは、「おはようございます」と大きな声でのあいさつとともに、元気に登校しました。
 第3学期始業式でも、生徒たちは大きな声で校歌を歌っていました。